ご利用の皆様へ

訪問リハビリテーション事業所とは

訪問リハビリテーションの対象者

  • 退院後で自宅での生活動作に問題や不安がある
  • リハビリは必要だが、通院・通所リハに行くのが困難、又は行きたくない
  • 徐々に筋力が弱った方や関節の痛みなどで生活動作に不自由をきたしている
  • 後遺症があり、生活動作をうまく行えない
  • 自宅での運動方法が分からない
  • 自宅での福祉用具の使い方が分からない

訪問リハビリテーションの具体的な内容

生活機能と障害の評価

障害に合わせた関節運動や筋力増強運動または歩行練習などを行います。また、可能な範囲での自主運動を行います。

機能訓練

病状や障害に対して自宅での生活能力を評価します。

ADL(日常生活動作)訓練

排泄動作、入浴動作、屋外内移動などの動作の練習を行います。 趣味(余暇活動)の検討。

福祉用具調整・住宅改修のアドバイス

必要な方に対して、補助用具(杖・歩行車など)の使用や自宅内外の住環境整備(手すり設置や段差解消など)のアドバイスを行います。

社会参加促進

生活機能レベルが向上し、可能な方は外出による社会参加の調整を図ります。

ご家族に対して家庭での介護方法や相談にも応じ、日常生活を円満に送るための支援を行います。

ご利用手続き

当病院にご相談または、介護保険の認定を受けられている方は担当のケアマネージャーに
ご相談ください。

依頼を受けた後、自宅に訪問いたします。その際に日程の調整、かかりつけ医からの訪問
リハビリ指示書、契約書等の説明をさせていただきます。
その後、訪問リハビリテーションの開始となります。

サービスに関するお問い合わせはこちら