病院のご案内

院長あいさつ

病院長 竹田晴生

  私は宇城総合病院副院長を経て当院の病院長に就任させていただきました。専門は内科一般ですが、特に専門としているのは糖尿病、高血圧症、高脂血症などの生活習慣病とそれらの合併症である心筋梗塞、脳梗塞などの予防と治療です。今後はこれらの知識を生かし、当院周辺地域の住民の皆様の健康長寿の手助けとなる病院を目指して外来と病棟の運営を進めていきたいと考えています。当院の運営理念と基本方針は図に示す通りですが、私たちは患者さん中心の医療をとおして地域に貢献していく所存です。

 具体的には、当院は数年前に名称を「美里リハビリテーション病院」と改名し、専門スタッフを充実させてリハビリテーション・運動療法に力を入れて参りました。おかげさまで、リハビリ効果が上がって足腰の具合が良くなって退院される入院患者さんが増え、通所リハビリを受けに来ていただく外来患者さんも増えてきています。私たちは今後も当院を利用される皆様方の運動療法指導・生活習慣改善指導をさらに充実させていきたいと考えています。

 病棟の方は、現在は医療保険で運用する療養型病床83床を2つの病棟に分けて運営していますが、2018年秋頃からは1つの病棟を介護保険で運用する「介護医療院」という施設に転換する予定です。「介護医療院」という施設は、長期療養が必要な高齢患者さんに入所していただく老人ホームのような療養施設ですが、一般の老人ホームと違って医師、看護師、看護補助者などが常駐しており、介護保険を利用して行き届いたケアが受けられる施設です。

 私たちはこれらの病棟と外来診療を通じて、地域住民の皆様の健康を守り、患者様とご家族に愛される病院を目指して努力していきたいと考えていますので、どうぞよろしくお願いいたします。