内科

効率的で質の高い医療を

呼吸器内科

呼吸器内科
宇城総合病院の呼吸器内科の外来は、救急外来での救急車の患者さんの対応や、一般的な内科疾患の患者さん、定期受診されている内科疾患の患者さんも平行して診療していますので、初診の患者さんは、診察まで多少の待ち時間が生じる場合もあります。

呼吸器疾患の患者さんの入院は、外来での診察を行ってから、入院の決定を行います。集中治療が必要な重症な呼吸不全の患者さんの対応は、宇城総合病院では困難なため、集中治療可能な病院への紹介や転送を行う場合もあります。

最近の傾向としては、ご高齢の患者さんで、食事摂取が難しくなったための、嚥下性肺炎の患者さんが増えてきつつあります。胃瘻を造設し、経管栄養での治療が必要な患者さんが、高齢化に伴い増えてきた感じを受けます。

循環器内科

循環器内科
循環器内科は心臓血管領域の疾患を専門とする分野です。
呼吸困難や胸痛・動悸、失神発作、難治性の高血圧症などを契機に受診・紹介頂くことが多いようです。まずは問診・聴診から心臓超音波検査、負荷心電図検査、24時間心電図検査などの比較的簡便な検査を行い、冠動脈CTや心筋シンチ、心臓カテーテル検査といった更なる精査が必要な場合は、熊本大学附属病院や済生会熊本病院などの高次医療施設に積極的にコンサルテーションしています。

糖尿病内科(糖尿病センター)

糖尿病内科(糖尿病センター)
専任の竹田晴生医師は日本糖尿病学会学術評議員、同専門医、同認定指導医、熊本県糖尿病協会副会長その他の各種役職を引き受け、宇城地域の糖尿病患者教育や啓発活動を中心になって実行しています。また、当センターは日本糖尿病学会の糖尿病教育認定施設としても認定を受けています。
さらに、看護師、管理栄養士等が多数日本糖尿病療養指導士の資格を有しており、栄養指導・フットケア指導・糖尿病透析予防指導・月1回の糖尿病教室等、糖尿病に関するさまざまな療養指導を行っています。
外来診療スケジュールは毎週月曜から金曜の午前中となっており、必要に応じて入院治療も行っています。

人工透析内科(腎・透析センター)

人工透析内科(腎・透析センター)
保存期腎不全(まだ透析に入っていない腎不全)の加療、栄養指導、教育入院(腎不全がある程度以上進んでいる方の透析導入の時期を延ばすため)イーカム(水ひき)を利用しての重症心不全加療、透析導入などを行いながら、他病院の合併症(脳梗塞、骨折など)患者の受け入れ(透析を行いながらのリハビリ)を行っています。

透析を安全、安心して受けられるように電子カルテ、透析管理システムの利用、臨床工学士の日常的な透析装置のメンテナンス、看護師の担当制での受け入れ、優しいことば遣いで患者さんを迎えます。

診療科・部門案内