平成28年度 宇城総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 45 25 33 47 59 117 254 401 706 394
当院では高齢者の入院数が多く60歳以上の割合が全体の80%を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 16 5.13 5.79 0.00% 7.44
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 13 4.08 6.02 0.00% 3.69
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2-なし - 4.00 5.50 0.00% 5.00
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2-なし 副傷病なし - 6.00 6.42 0.00% 3.40
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2-なし - 5.00 6.09 0.00% 2.67
肺炎等で入院の場合は地域の医療機関からの紹介が多く、退院後はかかりつけの医院に退院後のフォローをお願いすることで、地域の医療機関との連携も図れています。

※「-」・・・10未満になる場合、個人が特定されないように全て「-」で公表。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 31 25.55 21.25 12.90% 86.16
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし - 13.63 12.43 12.50% 82.88
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - 9.50 5.24 0.00% 77.00
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2-なし - 22.00 5.50 0.00% 51.25
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 副傷病なし - 1.75 2.60 0.00% 33.00
呼吸器内科などの内科系疾患の患者さんの受入れに対して協力体制を行っており、治療内容によっては外科にてフォローしているため、多種多様な症例が存在します。

※「-」・・・10未満になる場合、個人が特定されないように全て「-」で公表。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 140 69.43 20.57 20.71% 84.74
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 139 51.31 27.63 10.07% 80.73
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 33 52.91 20.45 12.12% 82.64
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 副傷病なし 30 42.20 15.97 30.00% 84.87
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 26 11.42 5.49 3.85% 64.46
転倒などによる圧迫骨折、大腿部頚部骨折の患者さんが多数搬送されてます。圧迫骨折に対しては保存的加療にてリハビリテーションが主になり、大腿骨骨折に対しては80%以上の患者さんが手術を希望されて、術後は在宅や施設に戻るためのリハビリが必要な場合には、回復期・包括ケアに移りリハビリテーションを続けながら退院支援・調整を行っているため平均在院日数が長くなる傾向にあります。
人工透析内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 12 30.25 12.84 8.33% 74.83
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 11 27.18 17.95 9.09% 79.00
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし - 11.86 12.43 0.00% 75.00
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし - 41.00 21.25 40.00% 82.00
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - 15.00 5.24 0.00% 63.50
当科で診療している慢性腎不全の患者さんで、腎機能を維持していますが、必要に応じて入院治療を行っています。またシャント狭窄や閉塞により、他医療機関でのシャント処置を行ったのちに、感染予防のため当院にて治療継続されております。また、維持透析中の患者さんで脳卒中や骨折術後のリハビリが必要な方の受入れ体制も整っております。

※「-」・・・10未満になる場合、個人が特定されないように全て「-」で公表。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 70 23.04 21.25 12.86% 86.07
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 40 20.18 12.43 7.50% 82.50
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 21 10.57 9.08 0.00% 74.24
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2-なし 20 7.10 5.50 0.00% 61.45
030410xxxxxxxx めまい(末梢前庭以外) 20 8.25 5.52 0.00% 78.75
呼吸器内科などの内科系疾患の患者さんの受入れに対して協力体制を行っており、治療内容によっては他科にてフォローしているため、多種多様な症例が存在します。また、腸閉塞の患者さんに関しては、平均年齢74.24歳の高齢者が多いが、早期治療を行い短い入院期間にて自宅退院へ繋げています。

※「鼡径ヘルニア」:鼠径ヘルニア手術目的の入院は包括対象外となるので、診療科別患者数集計では集計されていません。
糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 25 32.16 21.25 16.00% 86.00
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 14 27.50 17.95 7.14% 92.14
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 12 17.33 12.43 0.00% 88.92
0400800499x00x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし - 18.43 18.68 0.00% 92.29
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - 11.71 5.24 0.00% 69.86
糖尿病患者さんは外来通院が主となっております。入院に関しては、一般的な内科疾患による誤嚥性をはじめとする患者さんが中心となっているため、治療内容によっては、多種多様な症例が存在します。また、他科(整形外科・消化器外科など)にて入院中の糖尿病既往がある患者さんが多く、血糖管理などのフォローをしています。

※「-」・・・10未満になる場合、個人が特定されないように全て「-」で公表。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - - - 1 7
乳癌 - - 1 7
肺癌 - - 1 7
肝癌 - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では大腸癌の症例が最も多く病期分類上Stage不明も散見されます。理由としては、当院で取り扱う癌症例は、年齢階級別退院患者数にて説明した通り、高齢の患者さんが多く、癌に対する積極的な検査若しくは治療を希望しない患者さんが多いため、病理診断レベルでの確定診断がされていない症例が反映しています。

※「-」・・・10未満になる場合、個人が特定されないように全て「-」で公表。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - 15.00 48.00
中等症 33 18.24 73.21
重症 - 41.00 87.33
超重症 - 13.00 69.00
不明 0 0.00 0.00
患者数が最も多いのは中等度の患者さんとなっています。平均年齢をみると80歳代の高齢者が多くなっております。超重症の患者さんの平均日数が短いのは、療養型病院や施設からの患者さんで、早期治療にて軽快し元の療養型病院や施設へ転院されているためです。

※「-」・・・10未満になる場合、個人が特定されないように全て「-」で公表。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他 - 11.80 73.20 0.00%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - 67.20 83.60 40.00%
その他 71 83.00 75.49 19.72%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> -
I679 脳血管疾患,詳細不明 -
当院では回復期リハビリテーション病棟を有しており、他院から急性期治療を終えた脳梗塞の患者様に対して発症前と同じ生活が送れるようにリハビリテーションを行っています。

※「-」・・・10未満になる場合、個人が特定されないように全て「-」で公表。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕)(大腿) 117 4.83 61.78 19.66% 79.40
K0462 骨折観血的手術(前腕)(下腿)(手舟状骨) 45 2.03 24.36 4.44% 54.70
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(前腕)(下腿) 23 1.13 7.47 0.00% 64.34
K0463 骨折観血的手術(手(舟状骨を除く))(鎖骨)(足)(膝蓋骨) 11 3.97 42.06 0.00% 72.19
K0484 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(鎖骨)(手)(足)(膝蓋骨) 10 1.38 4.77 0.00% 64.08
整形外科では、大部分が股関節・大腿骨の骨折によるものが最も多く、平均年齢は70歳代と高齢者の傾向があります。また、当院で骨折術後の釘抜目的(整形外科で入れたボルトを抜くこと)にて再入院されるため、件数も多くなっています。術後に在宅や施設に戻るためのリハビリが必要な場合には、回復期・包括ケアに移りリハビリテーションを続けながら退院支援・調整を行っています。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 28 1.29 3.79 3.57% 65.00
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 21 1.71 6.10 0.00% 63.10
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 17 0.53 2.41 0.00% 66.47
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) - 0.57 10.14 0.00% 44.00
K654 内視鏡的消化管止血術 - 2.00 21.75 0.00% 81.50
消化器外科では、計画的に手術が施行されており、術前日数は全体的に1.22日と早い段階で手術が行われています。また術後経過も良く早期の自宅退院となっています。また、鼠径ヘルニア手術目的の入院は包括対象外となるので、指標2の診療科別患者数集計では集計されていません。

※「-」・・・10未満になる場合、個人が特定されないように全て「-」で公表。
その他(DIC、敗血症、
その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる - 0.14%
180010 敗血症 同一 - 0.05%
異なる 11 0.53%
180035 その他の真菌感染症 同一 - 0.05%
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 - 0.24%
異なる - 0.05%
この指標は医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの、少しでも改善すべき症例数と発生率です。
「同一」はその病気の治療目的で入院し主にその病気の治療を行ったということです。
「異なる」は別の病気の治療目的で入院し、併発や入院後発症した病気の治療を主に行ったということです。

※「-」・・・10未満になる場合、個人が特定されないように全て「-」で公表。
更新履歴
平成29年9月29日
平成28年度 宇城総合病院 病院指標を掲載

病院指標一覧

当院について