看護部長からのごあいさつ

 宇城総合病院は二次救急告示医療機関、第二種感染症指定病院、災害拠点病院などの役割を担っており、又地域支援病院として地域医療機関と連携しながら、医療・看護をつなぐ思いで務めてまいりました。

 看護部では「患者さん中心の医療の提供に努め、安全でやさしい看護を行います」を理念に掲げ、この理念を実践するために、私たちは患者さんと関わる一瞬を大切にし、患者さんをはじめ、さまざまな状況を抱えた方が、少しでも不安なく安心して、治療が受けられることが私たち看護師の役割と考えています。

 また、専門的分野、認定看護師の認定取得を推奨し、個人のキャリア開発、教育支援体制も充実しています。

 さらに院内保育室の整備や産休,育児休暇制度、リフレッシュ休暇やボランティア休暇など整備しており働きやすい職場づくりをめざしています。


 今後も地域の皆様から、宇城総合病院と出会えてよかったと思える医療・看護を提供していきます。

看護部のご案内